モニター商法に見事に騙されたと知った私。
当時、出産のために里帰りをしていたのですが、どうにもならず、父に相談しました。
父は自分が販売の仕事をしているため、こういうものにはとても詳しく、まず消費者相談センターに電話をしなさい、と教えられました。

消費者相談センターに連絡をし、経緯を詳しく話します。
そうすると、同じような被害届が随分と出ているとのことでした。
とても親身に相談に乗ってくださる方だったので、本当に助かりました。
そしてそのうち、被害者が多いので弁護団が立ち上がるということになりました。
もちろん、私も弁護団の方にお願いしました。

手元にある書類をすべて送付し、自分がわかる範囲で最初にチラシを見て連絡をしたところから、連絡が取れなくなったところまでの経緯を事細かに記し、クレジット会社には支払い停止の抗弁書を送りました。
自分が蒔いた種ですから、自分で何とかするしかないと必死でした。

結局裁判に持ち込まれ、被害者の中で数人が裁判の証人として出廷しました。
解決するまでに2年ほどかかったと思います。
私が騙された会社の役員は、前も別の名前でモニター商法をしたり、別の地域でしたりしていたようです。
そして都合が悪くなると倒産、今度は別の仲間が社長として会社を作るというのを繰り返してきたようです。
当然、支払い能力はないので、お金が戻ってくることはありませんでした。

そのような経緯もあり、無事に勝訴することができました。
当然弁護士さんに成功報酬を支払う必要はありましたが、ローンに比べたら安いものです。
結局私が出した金額は、支払い停止までに支払ったクレジットの金額と、弁護士さんへの支払40万ほどでした。
ですが、それがなければその倍近く支払い続けなければならなかったのですから。
本当に高い勉強代でした。
他の方がひっかからないようにとの思いも込めて、体験を述べてみました。
本当に皆さん気を付けてくださいね。

モニター商法というのをご存知でしょうか。
商品をモニターしてください、謝礼は払います、ですが、一応購入したという形にしてほしいので、クレジットを組んでください。月々の支払プラスモニター料をお支払いします、というものです。
最近はずいぶんと減ったようですが、まだまだあるそうです。
少しでもお金を稼ぎたいという人の心に見事につけ込む商法だと思います。
私の実体験をお話しします。
引っかかる人が少しでも減りますように。

当時、自営業だった主人の実家が傾き始め、給料も減らされていてお金が本当にありませんでした。
まだ小さい子どもを抱え、さらに妊娠中だった私は働けるはずもなく、何かないかといつも探していました。
その時に見つけたのがモニター募集だったのです。

電話をすると、すぐに担当者が説明に来てくれました。
「モニター商品が3種類ほどあります。一つにつき5000円お支払します。ただ、モニターだとばれると困るので、一応クレジットを組んでもらって支払いと言う形を取っていただきますが、支払いはすべて当社もちです。それにプラスしてモニター料をお支払いします。」という説明でした。

私が契約したのは、美顔器と温熱治療器。
なぜかそれに布団もついてきていました。
その時に気づけばいいのですが、なんせ世間知らずだったものですから、見事に騙されたわけです。
クレジット会社の確認の時は、モニターではありません、自分の意思で購入しますと言ってください、と言われてその通りにしました。

そして2か月ほどだったでしょうか、振込がきちんとあったのです。
そして3か月目、「振込が少し遅れます」という連絡がありました。
その後、一切連絡が取れなくなりました。
これが一般的な手口だというのは、ずいぶん後で知った話です。
ここからが戦いになるのでした。

大阪に転勤が決まり、子どもの学校の事もあるので、春休みの間に子どもを連れて、一度見に行くことになりました。
当時住んでいた兵庫県から電車に乗り、子どもを二人連れて楽しい電車の旅です。
大阪ってどんなとこだろう。
みんな吉本の人みたいに面白いのかな~、なんて話しながら、わくわくした気持ちで向かったのを覚えています。

大阪に到着した時はちょうど昼ごろ。
駅前にマクドナルドがあったので、入ってみることにしました。
駅前とあり、結構混みあっています。
私と子どもは注文したものを受け取って席に座ります。
店員さんは、さすが商人の町大阪、と言った感じで、とても愛想がよい素敵な接客をする人でした。

席で食べていると、お隣の席の家族連れが店員さんを呼びました。
お母さんと思われる人がクレームをつけています。
「ちょっと!これ目玉焼き入ってるのを頼んだのに、入ってへんよ!取り替えて!」
「申し訳ございません」
店員さんが確認のため、ハンバーガーを持って行きます。

しばらくして店員さんが交換品を持って出てきました。
横なのでどうしても聞こえるのですが、どうも目玉焼きが少し偏っていたようで、実際にはちゃんと入っていた、と。
それでも交換するマクドナルドってえらい、と思いながら聞いていました。
私としては当然そのお母さんが「あら、そうだったの、ごめんなさいね~」なんていう言葉を発すると思っていたのですが、違ったのです。

店員さんから無言で受け取り、店員さんが戻っていくと、誰に対して発したのかわかりませんが「そんなん、寄ってるのが悪いんやんな!」とのたまったのです。
もう、それだけで大阪の印象ダダ下がりでした。
こんな人がお母さんしている土地で暮らすのかと思うと、なんだかとても憂鬱になったのでした。

そういえば、風の噂で男友達が離婚相談中だということを聞きました。
奥さんには1回しか会ったことがないけど、勝気なタイプだったな・・・。
このマクドナルドのお母さんを見て思い出したけど、初対面のとき、飲み屋さんで店員さんに文句を言ってた(汗)
まあそういう性格が理由かどうかはわからないけど、自分の主張を通しすぎるのも善し悪しだよな、と思うのでした。

買い物に行けなかったので冷蔵庫の中身で手抜きメニューにした昨日の晩御飯。
かなり適当だったのに旦那には、絶賛でした。

冷凍のブロッコリーをレンジでチンして、ダシと醤油と鰹節を混ぜただけの「ブロッコリーのオカカ和え」を作り、
残り物のエビフライと、作りおきしていた「大根とニンジンとソーセージのコンソメ煮」。
そして「こんにゃくの味噌炒め」と「長芋と豚肉の塩炒め」。ご飯を炊き忘れたのでラーメンも・・・。

こんにゃくの味噌炒めは、味が染みるように切れ目をしっかり入れてから食べやすいサイズに切ります。
私は大人サイズで切って作りますが、こんにゃくは子供が喉に詰めやすい食材なので、子供たちの分は、少し小さくしてあげてます。
油をひいたフライパンで切ったこんにゃくを炒めて、チューブ入りの生姜を少しと、チューブ入りの味噌を加えて絡める程度に炒めて出来上がり!

旦那が絶賛した塩炒めの作り方も簡単!
少しだけ残った豚肉を冷凍していた物と、長芋ともやしを炒めて塩で味付けしただけ。
ホントに塩しか入れてないのにメチャメチャ美味しかったです。
塩は、普通の塩じゃなくて味塩を使いましたが味の素で味付けしても美味しいと思います。
他にもシイタケや玉ねぎなど残っている食材入れて炒めるだけでいいので、
簡単冷蔵庫のお掃除メニューとして便利なんです。